【月額2,000円】の原付サブスクはどんな人向け?【実際にお問い合わせしてみた】

原付サブスクの評判
悩み人
悩み人

原付のサブスクサービスがあるらしいけど、実際どうなの?
一見お得そうに見えるけど、何かしらのデメリットとかありそう。

こんな疑問に答えます。

私も気になっていたので、実際にお問い合わせしていろいろと疑問をぶつけました。

原付サブスクの質問

こんな感じでLINEで質問してみました。

そのうえで、見えてきたメリット・デメリット。

どんな人におすすめのサービスなのかを本記事では解説していきます。

この記事の結論

バイクスの原付サブスクは月15時間以内の利用なら、レンタルより圧倒的に安い。
買い物利用や習い事などの近場で原付を利用したい人には最適なサービス。
こんな感じになっています。バイクスのサブスク利用はコチラ

スポンサーリンク

バイクスとは?

2020年8月から東京で始まったシェアバイクサービス。

原付免許を持っている人なら、誰でもレンタルができます。

なお、対応エリアは東京都内のみ。
そのため、現在は東京の方しか利用できません。

その他、普通の原付レンタルとは違う点は下記。

  • 貸し出し料金に保険やガソリン代も込み
  • ウーバーイーツなどの宅配バイトでも利用可能
  • 時間貸し、サブスク、マンスリーと用途に応じてレンタル

こんな感じ。

整備に保険、防犯と所有すると面倒なバイクを使いたいときだけ使えるので便利です。

また、バイクの貸し出し返却共に無人なので、初めての人でも余計な緊張もしません。

対面ではないので、ソーシャルディスタンスも完璧です。

まだ、新しいサービスなので認知度は低いですが、forRideにも取り上げられている期待のサービス。

空き家をフルリノベーションした新しい形の「民泊」や収納場所不足のニーズに向けた「トランクルーム」のサービスを提供している株式会社UKCorporationが、近年のシェアサイクル・シェアバイクサービス需要を見越した、24時間いつでも気軽に借りれるシェアバイク事業をスタートしました。
出典:forRide

こんな感じで、注目はされているので、徐々に認知もされるかもしれません。

あとは、実際にバイクスで原付レンタルしてハゼ釣りしている動画も下記に記載。

実際に利用している人も、いるので雰囲気もつかみやすい。

バイクスサブスクの特徴とメリット

大見出し2

  • 月額2,000円で借りられる
  • 月に15時間までなら乗り放題
  • ガソリン代と保険代も全て込み

特徴は上記の通り。

近くでの買い物や、習い事での利用ならコスパで考えると最強です。

また、多くの原付レンタルではガソリン代は別料金。

ですが、バイクスのサブスクならガソリン代は後で返金してくれるので、2,000円以上は一切かかりません。

補足:サブスク利用の15時間を超えた場合は、通常料金になります。

ちなみに、通常料金は下記の表に詳しく記載。

ご利用時間料金1時間あたりの料金延長料金
(1時間)あたり
1時間350円
0円
350円
4時間1,200円
300円
8時間2,400円
24時間4,200円
175円
48時間8,400円
72時間12,600円

通常料金も、1時間350円なので、サブスク対象時間を超えても怖くはないですね。

とはいえ、便利なサブスクもいくつかのデメリットがあります。

次で詳しく解説。

バイクスサブスク3つのデメリット

大見出し3

  • 借りられる時間は短め
  • バイクの車種は選べない
  • 宅配バイトでは利用できない

デメリットはこの3つです。

先に言っておくと、上記のデメリットはマンスリー(1月単位)利用で解決できます。
マンスリー利用について

バイクスでは、月10,000~30,000円で利用できるので、そちらを検討するのもあり。
とはいえ、マンスリーでは駐車場とガソリン代は別料金なので、そこは注意。

では、解説します。

借りられる時間は短め

月15時間なので、毎日の通勤などの利用には不向き。

よほど、近くない限りサブスク内での利用は無理でしょう。

バイクの車種は選べない

サブスクでは、その都度空いているバイクを貸し出すので、車種は選べません。

こだわりのある人には不向き。

宅配バイトでは利用できない

サブスクウーバーイーツの利用は不可

ここに記載している通り、サブスクで宅配バイトは不可とのこと。

理由としては、下記。

通常のシェアレンタルやサブスクリプション登録の場合、時間貸しのサービスになります。
他の利用者がバイト先に登録している原付を使っている可能性もあります。
バイトしたいときに登録した原付が使えないこともあるため、マンスリー利用がベター

そのため、宅配バイトで利用したい場合は、マンスリー利用が推奨されています。

※マンスリー利用の料金はバイクの車種によって変わります。

原付サブスクの質問

この時貸し出せるバイクは18.000円とのこと。

マンスリー利用は月額1,0000~30,000円なので、まあ相場ぐらい。

料金相場を詳しく知りたい方は、原付レンタル1 ヶ月の料金相場を11社から調査をどうぞ。

原付レンタル1 ヶ月の料金相場を11社から調査【格安で借りる裏技も紹介】
原付を1ヵ月レンタルした場合の料金が気になっていませんか? この記事では原付を1ヵ月レンタルした場合の料金相場を紹介。 また、1か月あたり2,000円で借りられる方法も解説します。 本記事を読めば、原付を格安で借りることができるので、参考にしてください。

バイクスの原付サブスクの評判と口コミ

ここでは、バイクスの評判や口コミをSNSから調査。

先に言っておくと、まだ利用者が少ないからか、本当に利用している人の評価はわかりませでした。

とはいえ、原付サブスクに関する興味ある意見は多かったので紹介します。

サブスクのニーズは感じられる内容。

原付サブスクで、ウーバーイーツする方が、都内では一定数いるみたいですね。

原付レンタルの認知も低いので、サブスクが広まるのは、先かも。

この方も、最近サブスクを知った感じですね。

私の知っている限り原付サブスクをしているのは、バイクスのみ。

終電逃した人は確かに、サブスクしているとありがたいかも。

タクシーは高すぎるので、月2,000円で終電後の保険をかけるのもアリですね。

バイクスの原付サブスクはこんな人向け

大見出し5

  • 事故や修理での代車としての利用
  • 終電後の保険(タクシーで帰るのは高い)
  • 近くの買い物や習い事で電車やバスを利用したくない

こんな感じの人は、月2,000円で15時間乗り放題のサブスクがぴったり。

15時間を超えないようなチョイ乗りの方は、格安で原付を借りれるので、お得です。

反対に以下のような方は、サブスクの利用には向きません。

  • 月15時間を大幅に超える利用
  • 宅配バイトで利用をしたい
  • こだわりの車種に乗りたい

こういった方は、サブスクではなく、マンスリー利用かバイクを買うのを推奨。

下記のサイトで、新車や中古車を販売しているので、どっちがお得か検討してみてください。

個人的には、長期で乗るなら新車を購入するのを推奨します。

中古車は、故障や修理代で痛い目にあっているので…

【完全に終わった】原付が坂道を登らなくなった...僕はその日に乗り換えを決意
原付バイクが坂道登らない原因は駆動系に問題あることが多いです。 実際に私の場合も駆動系のドライブベルトがダメになっていました。 普通に考えると修理すればいいのですが、過去何度も修理しては故障を繰り返し、疲れました。 こんな状態のバイクなら、新車を購入した方がお得という事実を晒します。

原付サブスクのご利用方法

大見出し6

  1. サブスクのページを開く
  2. バイクスのページからサブスクリンクをクリック(またはタップ)
  3. サブスクリプション登録をする
  4. 利用規約に同意して登録
  5. クレジットカード情報を入力して支払いを完了する

上記の手順で利用できます。

補足:サブスク登録について
バイクスユーザー登録⇒サブスク登録(クレジット決済)

簡単に言うと、上記3ステップだけ。

公式サイトにて、画像付きでわかりやすく解説しているので、迷わず登録できます。

もし、質問やわからないことがある方は、バイクス公式LINEを追加しましょう。

秒で返信してくれるので、めっちゃ助かります。

まとめ:原付サブスクのコスパは最強です

大見出し7

  • 月額2,000円で15時間乗り放題
  • ガソリン代や保険料全て込み
  • 借りたいときに借りられる

ハッキリ言って、条件にマッチするなら、めちゃくちゃ安いです。

通常の原付レンタル1ヵ月の相場は10,000~20,000円ほど。

これに、ガソリン代や保険がかかってくるので、結構高いんですよね。

なので、毎日じゃないけど、月に数回原付に乗りたいって方は、サブスク利用が最強です。

という訳で、今回の記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました