原付のスピードが出ない原因は主に4つ【修理にかかった費用も公開】

バイク早いスピードで疾走
悩み人
悩み人

原付バイクに乗ってるけど、最近スピードが出にくい。
特に坂道はどれだけアクセル回しても30kmがMAX…
これって何が悪いの?修理しないとヤバい?

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、直ぐに整備店で見てもらった方がいいです。

放置すると、最悪走行できなくなります。

AK
Aki

僕のアドレスV100も全く同じ状態でした。
気にせず乗っていると、どんどん症状は悪化。
最後の方は、2人乗りだと坂道が登れないほどの状態に…

こんな感じになったので、修理に出し直してもらいました。

その時の、修理にかかった金額やスピードが出なくなった原因などを紹介します。

このアドレスV100ですが、最終的には買取業者に買い取ってもらいました。
理由は、古い原付バイクは修理しても別の箇所が壊れるので、コスパが悪いから。
【2万円超え!?】原付のエンジンかからないので修理した話【これで2度目…】

修理費が高いなら買取業者を利用して売るのもアリです。

【マジで!?】こんな古いボロボロの原付でも売れた!唯一の買取店とは?
古い原付バイクは現金化できないと思っていませんか? この記事では、筆者が廃車寸前の25年前のアドレスV100を現金化した方法を解説。 本記事を読むと、どんなバイクだろうが必ず現金化できるので是非参考にしてください。
スポンサーリンク

原付のスピードが出ない主な原因

大見出し1

  1. プーリー
  2. スライドピース
  3. ウエイトローラー
  4. ドライブベルト

主にこの4つが劣化していたり、壊れているのが原因。

どの部品も1万kmぐらいで交換するのが推奨されています。

基本はドライブベルトが劣化した際にまとめて交換するのが一般的。
AK
Aki

ちなみに、僕の場合は①のプーリーと②のウエイトローラーが原因だったよ。

とりあえず、走ればOkなので①と②だけ交換しました。

では、部品について解説します。

プーリー

こんな感じの部品。

役割としては、『エンジンの回転数によってギアを変更する』

これがプーリーの役割でして、オートマバイクにとっては超重要なんです。

私のアドレスはプーリが劣化していたので、替えてもらいました。

ウエイトローラー

こんな感じの部品。

「最近バイクの加速や速度の伸びが悪くなった」、「エンジンが唸ってうるさい」

上記の状態なら、ウエイトローラーが原因のことが多いです。

先ほど説明したプーリの中に入っており、ギアチェンジをサポートするイメージ。

  • 早ければ1万kmごとに交換
  • 遅いもので2万kmごとに交換

プーリーと同様に、ウエイトローラーを交換してもらいました。

スライドピース


こんな感じのや部品。

ちなみに、以下のような状態だとスライドピースの破損かもしれません。

  • 走行中に異音がする・・・
  • 唸ってばかりで全然スピードが出ない(変速しない)
  • 異音が発生している=プーリーが削れている

ちなみに、私の場合はスライドピースは交換していませんが…

プーリやドライブベルトと一緒に交換するパターンが多いみたいです。

ドライブベルト

こんな感じの部品。

タイヤの劣化と同じくらい気にする必要があるのがドライブベルト。

劣化すると最高速度の低下や、燃費の悪化を引き起こします。

ドライブベルトを交換するタイミングとしては、1万km~2万kmが一般的。

ちなみに、ベルトが切れると走行できなくなるので、注意。

私は、ドライブベルトの交換を怠って走行不可になった経験もあります。

AK
Aki

今思うと、ドライブベルトもまとめて交換しておけばよかった…
いや、そもそも知識がなかったから交換する必要性も知らなかった。

原付のスピードが出ない【修理にかかった費用】

大見出し2

全部で9,072円かかっています。

内約としては、プーリー+ウエイトローラー+工賃ですね。

2りんかんで修理してもらいましたが、金額としては安いほうかと思います。

もし、近くにバイクショップや整備店がない方は、グーバイクで探すと便利。

自分で直せる人はAmazonでパーツを購入すれば工賃が浮きます。
その場合、プライム会員なら午前中に注文すれば当日に部品が届くので便利。


※1ヶ月間の無料体験あり

まとめ:原付のスピードが出ないのは駆動系の消耗にあり

大見出し3

  1. プーリー
  2. スライドピース
  3. ウエイトローラー
  4. ドライブベルト

異音がするとかスピードが出ないのは、だいたいこの4つが原因です。

とはいえ、素人が簡単に直せる物ではないので、バイクショップやバイク整備店で見てもらうのが無難です。

費用は、車種やお店によっても変わってくるので、一概には言えませんが1万円ぐらいは覚悟しましょう。

原付は1万km超えたぐらいから、部品が消耗してくるのでお金がかかってきます。

今後も乗り続けるなら、直すべきですが、古すぎるバイクはいっそ売った方がいいかも。

補足:原付のサブスクを利用するという選択肢もあります。
【月額2,000円】の原付サブスクはどんな人向け?【実際にお問い合わせしてみた】

私の経験上直しても別の箇所が故障して、キリがなかったので…

という訳で、今回の記事は以上です。

原付の売り方を実体験から完全解説!全てのバイクは現金化できる
原付50cc~125ccに特化したバイクを売る方法を全て書いています。 バイク知識0の人でも迷わず、手軽に高く売るをモットーに情報を実体験から記載。 本記事を読めば、仕事で忙しいリーマンもどんな原付でも手軽に現金化できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました