【保存版】原付バイク修理費用の相場『実体験』から修理にかかった金額も公開

原付の修理費用相場
悩み人
悩み人

原付を修理するか乗り換えるか迷う。
ぶっちゃけ修理費用次第なんだけど、いくらが相場なのか全くわからん。

こんな疑問に答えます。

原付の修理費用って相場がいまいちわからないですよね。

私もそうでした。

とはいえ、何度も原付の修理をしていくうちにザックリ『これぐらい』と、いう感覚がつかめるように。

そこで、本記事では原付の修理費用の相場を紹介。

※近くのバイク屋さんで修理した際、おっちゃんに相場をザックリ教えてもらいました。
あとは、別のバイク屋さんでも電話で聞いたりしている上で修理費用の相場を書いています。

この記事を読めば、原付の修理費用の相場がわかります。

また、原付を修理or乗り換えるかの明確な基準も私の実例と合わせて紹介するので、悩んでいる方は参考になるはず。

こんな感じで、何度も修理しており、一時情報から相場を紹介します。

スポンサーリンク

原付修理費用の相場

大見出し1

  • タイヤ交換…6,000~10,000円
  • エンジン系…10,000~50,000円
  • 電気系統…3,000~10,000円
  • 駆動系関連…5,000~15,000円
  • ブレーキ関連…3,000~15,000円
上記は原付でよくある故障箇所の工賃を含めた料金です。
ざっくりですが、修理費としてはこれぐらいかかるという目安。
楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

価格に結構差があるね。
この金額の差はいったい何できまるの?

AKバイク
AK

ざっくり言うと、『工賃』、『故障箇所』、『どの部品を使うか』で変わってくる。
例えば、タイヤ交換にしても前輪か後輪か『故障箇所』でも、料金は違うんだ。
あとは、『素材のいいタイヤを使う』とかそんな感じで変わる。

修理費用はお店によっても変わるし、故障箇所や部品代によっても変わります。

とはいえ、ある程度の相場はあるので、次で細かく修理費用を解説。

タイヤ関連

修理箇所工賃部品代
パンク修理1,500~2,000円0円
タイヤ交換
(前輪)
2,000~2,500円1,500~5,000円
タイヤ交換
(後輪)
2,500~3,500円1,500~6,000円※
ホイル持ち込みタイヤ交換800~1,400円1,500~4,000円※
ホイル交換2,000~3,000円5,000~8,000円
廃タイヤ処分費150~500円0円
※タイヤ交換と同額、タイヤ交換と同時に行う場合は、部品費のみ

こんな感じ。

タイヤ系は、最も修理することが多い所なので、なるべく安くしたい。

よくあるのが、ネットで格安タイヤを買って持ち込んでタイヤ代を抑える方法です。

詳しくは、原付バイクタイヤ交換の費用はいくら?実例からどこが安いのか紹介!をどうぞ。

持ち込みタイヤだと工賃を高く設定する業者が多いです。
節約したいなら、工賃が安い業者に頼みましょう。

持ち込み工賃が安いバイク屋さんを選ぶのがコツ。

『どこで修理すればいいかわからない』という方は、グーバイクで整備店を検索すると便利です。

エンジン関連

修理箇所工賃部品代
プラグ交換500~1,000円500~1,500円
キャブレターオーバーホール6,000~9,000円0円
キャブレターセッティング9,000~10,000円0円
オイル交換0~1,500円1,000~3,000円
冷却水交換3,000~4,000円0円
マフラー交換2,000~5,000円8,000~35,000円

エンジン関連は故障したら高くなりやすい箇所。

私もエンジン系統を修理した時は2万円超えたので、かなり痛い出費でした。

【2万円超え!?】原付のエンジンかからないので修理した話【これで2度目...】
原付のエンジンがかからない場合の修理費用を実例から紹介。 バイクの車種やどこで修理するかによっても、費用は変わりますが、ザックリと参考になるはず。 普通に修理費用はそこそこ高いので、古すぎるバイクは修理より新しく買った方がいいかも。

電気系統関連

修理箇所工賃部品代
バッテリー交換1,000~3,000円2,000~10,000円
ヘッドライト交換500~3,000円1,000~3,500円
バッテリー充電500~1,000円0円

走ればOKな人は、お店のバッテリーではなく、ネットで購入する方が賢いです。

反対にこだわりがある人はお店で買うか、バイクパーツ.comで買うといいです。

正規価格から最大75%OFFでバッテリーが売っているので、まあ安い。

駆動系関連

修理箇所工賃部品代
プーリー交換3,000~5,000円3,500~7,500円※
スライドピース交換500~3,000円3,500~7,500円※
ウエイトローラー交換500~1,000円3,500~7,500円※
ドライブベルト交換500~1,000円3,500~7,500円※
※駆動系はまとめて交換するのが基本なので、工賃は3,500円~7,500円のみ。
実際にかかる費用は工賃3,500~7,500円+部品費のみです。

全てまとめて修理することが多いので、1万円以上はかかるのが普通。

もちろん部分ごとに交換することも可能ですが、まとめて買えた方がいいです。

交換の目安は1万~2万kmほどで、まとめて交換するのが一般的。

詳しくは、原付のスピードが出ない原因は主に4つ【修理にかかった費用も公開】をどうぞ。

ブレーキ関連

修理箇所工賃部品代
ブレーキシュー交換
(前輪)
2,000~3,000円2,000~4,000円
ブレーキシュー交換
(後輪)
3,500~4,500円25,00~4,500円

ブレーキ関連は交換したことがないですが、相場をみるとそんな高くないですね。

重要な部分なので、効きが悪いならケチらず修理。

修理費用を安くする3つの方法

大見出し2

  • 部品の持ち込み
  • 自分で修理する
  • 定期的なメンテナンス

では、順に解説します。

部品の持ち込み

バイクショップなどで置いている部品で、交換修理すると高くつきます。

なぜなら、素材の質がいいので料金も高いという訳。

節約したいなら、ネットで買える部品は購入して持ち込んだ方が安くなります。

バッテリーとかタイヤはその典型。

自分で修理する

灯火類や、バッテリーの交換ぐらいなら調べると自分でできます。

今どきyoutubeで検索すると、わかりやすい動画があふれているので、素人でも可能。

定期的なメンテナンス

日頃のメンテナンスをしっかりすれば、原付でも5万kmを超えても現役で走れます。

  • オイル交換
  • タイヤの空気圧
  • オイル量の点検

この辺のこまめなメンテナンスは長く乗りたい、修理費を浮かせたいなら必須。

日頃から、メンテナンスをしていると、故障しても最低限で済むので結果的に修理費も安くなります。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

毎日のメンテナンスなんて、具体的にそうすればいいかよくわからん。

こんな人は、下記の動画を見ると結構わかりやすいです。

【実例】修理にかかった費用は『70,612円』でした

大見出し3

AKバイク
AK

ここでは、アドレスV100の修理にかかった費用を全て公開するよ

という訳で、以下の表にまとめました。

修理した箇所かかった費用修理の数修理費用の合計
タイヤ交換+その他部品13,900円1回目
70,612円
駆動系パーツの故障9,072円2回目
エンジン、電装系の故障26,400円3回目
タイヤ交換+JAFに加入15,500円4回目
ドライブベルトの劣化
(JAFのレッカー費のみ)
5,840円5回目
ちなみに、JAFを呼んだ時のレッカー費も計算しています。
修理や故障にまつわる費用を全てが『70,612円』です。

こんな感じで、結構な料金がかかりました。

まあ、このバイクは貰いもののアドレスV100でして、古いはもちろん。
既にかなりの距離を走っていました。

約2年ほど、修理を繰り返しながら乗り続けましたが、修理してもまた故障とキリがない状態にはなっていましたね。

詳しくは、【完全に終わった】原付が坂道を登らなくなった…僕はその日に乗り換えを決意をどうぞ。

なので、私の自論ですが、古いバイクなら乗り換える方がコスパいいと本気で思っています。

とはいえ、修理してまだまだ乗りたい方もいるはず。

そこで、次では修理する前に知っておきたいことを解説します。

修理する前に知っておきたい3つの事実

大見出し4

  • 乗り換えの方がお得のことも多い
  • 修理しても別の箇所が故障するかも
  • 悪い所は全部直すつもりで見積もり

AKバイク
AK

上記は、古いバイクを修理した中で思った3つの事実。

では、順に解説します。

乗り換えの方がお得のことも多い

私の場合は修理費用『70,612円』がかかっています。

厄介なのが1度修理すると、『せっかく修理したのに勿体ない。』

こんな風に思ってしまい、結局乗り換える機会を見失うんです。

しかも、これだけのお金と労力をかけても、2年も持ちませんでした。

古いバイクだとこういった状況って割とあると思うんですよね。

それなら、1度も修理せず乗り換えた方が、絶対お得です。

【買取以外は損!】古くて動かない...廃車寸前のバイクの処分まとめ
古いバイクや動かないバイクの処分で困っていませんか? この記事では、実際に25年前のアドレスv100を買い取ってもらえた経験から、おすすめの処分方法を紹介。 本記事を読むことで、古いバイクでも損せずお金に換えることが可能です。

修理しても別の箇所が故障するかも

私の場合ですが、修理してもまた別の箇所が故障という無限ループになっていました。

しかも早ければ3ヶ月後とかに、別の箇所が故障します。

もう、直しても直してもキリがない状態。

これでも、修理するのは、『この前修理したから、流石にもう大丈夫でしょ?』

この謎の安心感と、『修理費が勿体ない』という、ケチな心が原因。

安心してください。

バイクは機械なので、僕らの気持ちなんて無視して故障します。

バイク売るならどこがいい?|買取8社調べた金額を晒す【原付125cc未満に特化】
原付バイクに特化した買取業者を知りたくないですか? この記事では、実際に利用した買取業者8つの買取金額を晒します。 本記事を読むことで、原付バイクを売る際に最も高い買取業者がわかります。 是非参考にしてください。

悪い所は全部直すつもりで見積もり

もし、今後もバイクに乗り続けたいなら、お金をケチらず、悪い所は全部直しましょう。

その際は、『悪い所を全部直したらいくらかかりますか?』

こう聞きましょう。

全部修理した場合の金額と、新車で購入した場合の金額を比較。

そのうえで、どちらがいいか自分で判断してください。

※私は修理費をケチって、一部分だけ直していました。
結果すぐに故障→修理の繰り返しで大変な目に遭いました。

【SNSの意見】原付の修理費用or乗り換えるべきか?

大見出し5
ここまで、読んでも修理するか乗り換えるか迷う人向けに世間の意見を調査。

個人的には、乗り換えるべきですが、修理して乗り続けた方がいいと主張する人もいるはず。

そこで、修理に関する意見をSNSから調査した結果、下記の意見が見られました。

  • 迷う人が圧倒的
  • 修理して乗り続ける派
  • 修理せず乗り換える派

では、順にみてきましょう。

なお、下記の記事も参考にどうぞ。

バイク手放すか迷った人向けに判断基準を解説【手放した人のリアルな声】
バイクを手放すかどうかで迷っていませんか? この記事では、バイクを手放すかどうかの明確な基準と手放した人のリアルの声を紹介。 本記事を読むことで、バイクを手放す場合と保管する場合の線引きがわかり、後悔することなく、自分で選択できます。

迷う人が圧倒的

わかりますよ。

でも、バイク買うとなるともっと高いので迷うよね。

今の私なら、新しく買い替える!

と、言いたいですが、現実はお金の面で悩む…

あんまり乗らないのに修理は辞めた方がいいですね。

メンテの手間や、廃車を考えた時にメリットがない。

詳しくは、【損してます】バイク買ったけど全然乗らない人【選択肢は3つだけ!】をどうぞ。

まとめると、皆『めちゃくちゃ迷っている』ということです。

修理して乗り続ける派

愛着があって1万円の修理なら、うん迷わない。

7万円の修理でも愛着があれば直せるのです。

今のバイクに愛があれば多少修理費がかさもうが、乗り続ける人が多数。

修理せず乗り換える派

10年間お疲れ様でした。

修理代や年数を考えると、私も乗り換えしますね。

古いバイクは私の経験からも、修理→別の箇所が故障→修理のループに陥りやすいです。

よほど愛着がない限り乗り換えた方が無難。

なお、私はもっと早く乗り換えておけばとマジで過去の自分に言いたいです。

« バイク買い替えるか悩んでたけど…新車に乗り換えたら最高だった!

まとめ:原付を修理は意外と高い

大見出し6

  • 悪い箇所はまとめて修理
  • 節約したいからと一部修理は損
  • 迷ったら思いきって乗り換えるのも手

1度でも修理したバイクは、『勿体ない精神』が働きます。

かといって私のように、ずるずる修理すると手間と修理費で損します。

修理するか乗り換えるべきか迷うなら、悪い箇所を全て直した金額と、乗り換えする金額を比較するのが無難。

その際、近くにバイク屋さんがない場合はグーバイクで検索すると、お店の評判や料金がわかるので便利。

乗り換えると決めた人は、今のバイクを現金化しましょう。

乗り換える場合は下取りするのが一般的ですが、下取りでお金にならない場合は買取業者に頼むといいです。

基本的に、どんなバイクでも現金化できるので、間違えても処分費だけは支払わないように。

【無料でも損!】原付バイク処分方法5選【あなたのバイクには価値がある】

どっちも選べないって方は、サブスクという選択肢もあります。

【月額2,000円】の原付サブスクはどんな人向け?【実際にお問い合わせしてみた】

方法はいろいろあるので、自分にあったものを選んでください。

という訳で、今回の記事は以上です。

原付の売り方を実体験から完全解説!全てのバイクは現金化できる
原付50cc~125ccに特化したバイクを売る方法を全て書いています。 バイク知識0の人でも迷わず、手軽に高く売るをモットーに情報を実体験から記載。 本記事を読めば、仕事で忙しいリーマンもどんな原付でも手軽に現金化できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました