原付バイクタイヤ交換の費用はいくら?実例からどこが安いのか紹介!

バイクタイヤ交換
悩み人
悩み人

原付のタイヤがパンクしたんだけど、どこでタイヤ交換すればいいかわからん。
あと、料金もいくらぐらいが相場かイマイチわからないから困った。
なるべく安くタイヤ交換できる場所を教えて欲しい。

こんな疑問に答えます。

私も仕事の帰り道、リアタイヤがパンクした経験があります。

はじめてパンクした時って、どこでタイヤ交換できるのか、料金はいくらとかイマイチわかりませんよね。

この記事では、実際にタイヤ交換した経験から、最も安い所を紹介。

ランキング形式で3つ紹介するので、参考になるはず。

この記事の結論

結論を言うと、タイヤ販売店(ジャパンタイヤセンター)が最も安いです。
工賃含めタイヤ交換が、7,000円未満(タイヤ交換の相場は7,000~10,000円)なので、格安。
最も高いのは個人のバイク店になので、付き合いがあるお店以外ではおすすめしません。

では、続きをどうぞ。

スポンサーリンク

原付バイクタイヤ交換の費用はいくら?

バイクタイヤ交換

タイヤ交換の相場は7,000~10,000円ほど。

これは、実際に複数のお店に電話した上での相場感。

内約としては、以下の3つの費用が含まれています。

  • 工賃:2,000~2,500円
  • タイヤ代:1,500~5,000円
  • 廃タイヤ処分料:150~500円

こんな感じ。

自分でタイヤを購入して、持ち込みタイヤする場合は費用を抑えられますが…
持ち込みタイヤの場合工賃が割り増しになる所も多いので、工賃が高くないお店を選ぶ必要があります。

話を戻してタイヤ交換は、7,000円以下なら安くて10,000円以上なら高い感じです。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

ぶっちゃけ、結構高いね。

私もそう思いました。

とはいえ、タイヤ交換はブレーキを外したりシャフトを外したりと、素人では難しいのが現実。

慎重な作業が要求されるので、ある程度高いのは仕方ないのです。

バイクはタイヤが命なので、お店でタイヤ交換を依頼する場合の技術料と保障料と割り切りましょう。

自分で交換できるぜって方は、Amazonや楽天で2本セット3,000円ほどでそこそこのタイヤを購入するのが、コスパ的に最強。

下記タイヤは、レビューも良く対応車種も多いので人気の商品。


ちなみに、上記のタイヤはAmazonが最安&最速です。
プライム会員なら午前中に注文すれば当日中にタイヤが届きます。


※1か月間の無料体験アリ

私の実例(個人バイク店の交換費用)

バイクタイヤ交換明細書

上記は、私がタイヤ交換をお願いした、近くのバイク屋さんでの料金。

※バイクの車種はアドレスV100です。

合計で13,900円の費用ですが、古くなっている部品も諸々交換してもらったので、この金額です。

タイヤ交換だけで見ると、9,720円ですが相場的にもそこそこ高め。

詳しくは、【保存版】原付バイク修理費用の相場『実体験』から修理にかかった金額も公開をどうぞ。

なので、料金だけで選ぶなら近くのバイク屋さんはナシです。

とはいえ、調子が悪い所も一緒に交換してくれたりしたので、対応は凄く満足。

近くのバイク屋で修理するメリット・デメリット【実体験から解説】
悩み人 バイクが故障したので近くのバイク屋さんに修理を出そうと考えている。 はじめてバイクを修理に出すので、不安しかない。 ぶっちゃけ、近くのバイク屋さんで修理に出すのってどうなの? こんな疑問に答え...

【追記】JAF会員になりました。

JAF会員なら、年会費、4,000円でパンクから、鍵開け、レッカー搬送など、あらゆるトラブルに対応してくれます。

次では、お店でタイヤ交換する場合どこが安いのか、ランキング形式で紹介。

原付バイクのタイヤ交換費用が安い順

グッド

1位2位3位
お店の名前タイヤ販売店2リンカン・NAPS・レッドバロン
※レッドバロンは自店で購入した場合のみ
個人のバイク店
タイヤ交換の料金
※工賃、タイヤ代、廃タイヤ全て込み
6,760円8,726円9,720円
おすすめ度⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

上記の通り。

各お店の料金は、私のバイクスズキアドレスV100の料金で聞いています。
AKバイク
AK

実際に各お店に電話して聞いた金額を元にしているよ。

では、タイヤ交換の料金を順にみていきましょう。

安さ第一位!タイヤ販売店

ジャパンタイヤセンター
タイヤ販売店でタイヤ交換するのが費用面で一番安いです。

私は関西在住なのでジャパンタイヤセンターという所に電話し、タイヤ交換にかかる料金について聞きました。

ジャパンタイヤセンターの原付バイクタイヤ交換費用は、工賃2,700円・タイヤ代(廃タイヤ代含む)3,560円の消費税込みで合計6,760円です。

私がタイヤ交換を依頼した、個人のバイク店のタイヤ交換費用9,720円と比べると約3,000円近く安いので、全然違いますね( ゚Д゚)

安さ第二位!バイク販売店

次に安いのは、バイク販売店です。

私が問い合わせたバイク販売店は2リンカン・NAPS・レッドバロンの3つです。

2リンカンとNAPSは費用はほぼ一緒で、工賃3800円・タイヤ代(廃タイヤ代含む)4,280円の消費税込み合計8726円です。

レッドバロンはレッドバロンのお店でバイクを購入した場合のみタイヤ交換を6,000円~8,000円です。

逆に、購入していない場合は1,2000円~13000円ほど費用になるとのこと。

レッドバロンでバイクを購入した人は、2リンカンやNAPSよりも安くタイヤ交換できます。

※レッドバロン以外で購入した人は、割高なので他の店舗でタイヤ交換してもらった方が安いです。
詳しくは、【正直微妙…】レッドバロン買取評判まとめをどうぞ。

2リンカンやNAPSは私が、依頼した個人のバイク店9720円と比べると約1,000円ほど安く、一番安いタイヤ販売店と比べると約2,000円ほど高いです。

1位のタイヤ販売店と2位のバイク販売店(2リンカンやNAPS)で、既に2000円の差があるのは驚きますね。

安さ第三位!個人のバイク店

既にわかっていると思いますが、タイヤ交換の費用が一番高いのは個人のバイク店になります。

もしかしたら、個人のバイク店でもめちゃくちゃ安い所もあるかもですが、私が行った所は料金でみると一番高い…

タイヤ交換で9,720円と明細書に記載しています。

細かく工賃・タイヤ代・廃タイヤ代などは記載されていないので、3つの合計で9,720円という事でしょう。

1位のバイク販売店の6760円と個人のバイク店の9720円を比べて約3,000円ほど違います。

少しでも費用を抑えたい方は、タイヤ販売店でタイヤ交換をお願いすると良いでしょう。

私が行った個人のバイク店は料金は高いかもしれませんが、古くなった部品も一緒に変えてくれました。

説明もちゃんとして頂けたので、「しっかりメンテナンスしてくれたんんだな~」という印象で、満足しています。

今回は料金がテーマになっているので、不満そうに感じますが、決してそうではないという事を伝えておきます。

近くのバイク屋で修理するメリット・デメリット【実体験から解説】
悩み人 バイクが故障したので近くのバイク屋さんに修理を出そうと考えている。 はじめてバイクを修理に出すので、不安しかない。 ぶっちゃけ、近くのバイク屋さんで修理に出すのってどうなの? こんな疑問に答え...

まとめ

  • タイヤ交換はザックリ10,000円ぐらい
  • 自分で交換できる人は3,000円ほど
  • 個人のバイク店は高いが、今後を考えるとありかも

こんな感じですね。

自分で交換できれば最安ですが手間も、時間もかかるので人を選びますね。

個人のバイク店は料金は高めですが、今後バイクが不調になった際に相談もできるかも。

なので、それを見越して利用するのも選択肢としてはアリ。

とはいえ、タイヤ交換の料金は安くないので、古過ぎるバイクは乗り換える方がコスパはいいかも。

«【完全に終わった】原付が坂道を登らなくなった…僕はその日に乗り換えを決意

«バイク買い替えるか悩んでたけど…新車に乗り換えたら最高だった!

という訳で今回の記事は以上です。

原付の売り方を実体験から完全解説!全てのバイクは現金化できる
原付50cc~125ccに特化したバイクを売る方法を全て書いています。 バイク知識0の人でも迷わず、手軽に高く売るをモットーに情報を実体験から記載。 本記事を読めば、仕事で忙しいリーマンもどんな原付でも手軽に現金化できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました